NEWS

お知らせ

営業に関するお知らせ・
季節のご挨拶をお届けします。

十月のごあいさつ

節電の夏も過ぎ、ようやく凌ぎ易い季節になってまいりました。
浅草寺境内では菊祭り(菊供養会)の準備が進められ、秋の到来を感じさせてくれます。
当店では昨年十月、すべての席を掘り炬燵にいたしましたが、今年はさらに足元の床に
ホットカーペットを敷設する工事をさせて頂きました。
お客様にホットした店作りを提供したく。。
(こういうダジャレがしっくり似合う年廻りとなりました。)

和えん亭吉幸
津軽三味線 福居幸大

創業7年を迎えて

東日本大震災から半年が過ぎました。
しかし復興復旧への歩みはまだまだ続くようです。
また、紀伊半島を中心とした大雨による被害に自然災害の恐ろしさを痛感しております。
被害に遭われた皆様に心よりお見舞い申し上げます。

さて、和えん亭吉幸はこの9月で創業7年目を迎えることが出来ました。
店の開店は12月でしたが3ヶ月をかけ、店の改装をしました。
古民家の良さを活かしながら丁寧な仕事をしていただいた棟梁、大工さんの働きぶりを思い出します。
こうして創業7年を迎えることが出来ますのも、お客様はじめ関係各位のお陰と改めて感謝申し上げます。
これからも、皆様とのご縁を大切に頑張って参る所存でございます。
今後ともご指導ご鞭撻のほど宜しくお願い申し上げます。

津軽三味線 福居 幸大
女将 須藤 恵子

吉幸ねぶた

吉幸ねぶた

東日本大震災から5ヶ月が過ぎました。
復興までの困難な道のりを見るにつけ
改めて被害の大きさに心を痛めております。

そんな中、東北地方の夏祭りが報道等で紹介されていました。
青森のねぶた祭りの様子を見るにあたり青森の方々の熱い思いを感じました。
写真は吉幸の舞台上にある、ねぶたです。
今年のねぶた祭りは終わりましたが、
吉幸ねぶたは皆様のご来店をお待ち申しております。

津軽三味線 福居幸大

ほおずき市

ほおずき市

浅草の夏を彩るほおずき市が浅草寺境内で7月9-10日に開かれています。
この日にお参りすると「四万六千日、毎日お参りしたのと同じ功徳を得られる」といわれており、大勢の方々が参拝に来られます。
境内には約100件のほおずきの露店が軒を連ね、威勢のいい声が境内に響きます。
改めて、賑わう浅草、元気な浅草は浅草らしくていいなと思います。
ほおずき市が過ぎるとまもなく夏は本番。
今年の夏は節電対策もあり長い夏となりそうです。
お客様におかれましてもどうぞご自愛下さいませ。

和えん亭吉幸 福居幸大

今年の三社祭

今年の三社祭

今なお避難所でご不自由な日々を過ごされている被災地の皆様に心よりお見舞い申し上げます。
大地震から2ヶ月が過ぎた今でも連日のテレビ報道、福島原発事故の厳しい状況に地震被害の凄まじさを改めて痛感しております。
日本全体が自粛ムードの中、浅草の三社祭も例大祭式典等のみ執り行い神輿渡御等は中止になりました。
しかし、祭り提灯はお店の玄関先に掲げさせていただきました。
例年の提灯とは違い 「がんばろう日本」と復興の思いを込め書かれています。
浅草も少しずつではありますが賑わいを取り戻しつつあります。
和えん亭吉幸も皆様のご来店を心よりお待ち申し上げております。
和みて縁しが結びつつ

和えん亭吉幸 福居幸大